inconnue,#about_me








IMG_0007修正.jpg

concept


幼い頃、和紙の折り紙を集めるのが好きだった。

今想うと、これが紙好きになるきっかけだったのかもしれない。

美濃に来て、天然にこだわった美濃手漉き和紙に触れ、紙に温かさと包み込むような優しさを感じた。

1300年もの歴史ある日本の手漉き和紙を、現代の暮らしの中に取り入れて欲しいと願いながら、

紙という身近な素材を平面で、そして平面から立体への変化を楽しみながら、

モノ作りに取り組みたい。



inconnue,(アンコニュ)とはフランス語で「未知数」という意味。

和紙をはじめとした様々な紙の魅力や可能性をモノ作りを通して、

多くの人に伝えられたらとてもうれしく思う。











IMG_0005修正.jpg

profile


嶋田真由美  MAYUMI SHIMADA


1981年   北海道生まれ。

2002年   北星学園女子短期大学 生活教養学科 クリエイティブコース卒業後、
        北海道東海大学 芸術工学部 デザイン学科編入。
        短大と大学で空間デザインを学ぶ。

2004年   北海道東海大学 芸術工学部 デザイン学科卒業後、
        ブライダルコーディネート会社でペーパーアイテムのデザインを担当。

2006年   フリーランスデザイナーとして美濃和紙若手後継者のグループ、
        「美濃和紙ネットワーク21」と商品開発事業に参加。
        職人の紙の特性を活かしたブライダルアイテムを制作する。

2007年   美濃市 道の駅「美濃にわか茶屋」の垂れ幕、間仕切りのデザインを手掛ける。
        同年、リビングセンターOZONEで行われた展示会「MINOGAMI/market」で
        2006年に開発した商品を展示。

2008年   美篶堂 ショップ・工房・ギャラリーにて「手漉き和紙×活版印刷=名刺」展の
        プロデュース・デザインを手掛ける。

2012年   高円寺ギャラリー/Babue de Bonheur 1st exhibition [en] に参加。